×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

INFORMATION

HOME»  こだわりの生産者

こだわりの生産者

柴畜産の養豚

当社は養豚の一貫生産を行っています。

柴畜産の養豚
柴畜産の養豚

人工授精で母豚に種付けをし、114日の妊娠期間を迎える前に、安全に出産できるよう分娩舎へ移動します。
一頭の母豚から約8~15頭生まれます。
生まれた子豚は、約1.2kg~2kgの小さな体です。
生まれた直後から母豚の乳房を求め必死で歩き、乳首に吸い付き、たくさんの母乳を飲みます。
約21~27日という短い期間で5kgから大きな子豚で約11kgまで成長します。

その後、母豚と別れ、次のステージ、離乳舎へ移動します。
成長に合わせ徐々に管理(給餌、温度、環境)を変えながら、最後には肥育舎へ移動していきます。
離乳舎を出るころにはおよそ35kgだった子豚が、出荷前には、大きいもので120kgの肉豚になります。
豚は誕生から出荷まで約半年です。
部門は、全部で4つあります。

1.繁殖部門(ストール)

発情チェック、母豚の種付け、妊娠鑑定、妊娠母豚のボディーコンディションを整える給餌管理など。

2.繁殖部門(分娩)

子豚と、母豚のそれぞれの管理。生まれてくる子豚のための保温の準備、母豚の出産のお手伝い、産後のケアなど。

3.離乳部門

母豚から離乳した子豚の管理。温度管理と給餌管理など。

4.肥育部門

出荷までの給餌、健康管理。出荷など離乳舎での様子を動画でご覧いただけます。

養豚飼育から養豚工場へ

養豚飼育から養豚工場へ

当社は、創業30年を迎えます。
創業当初は母豚20頭からスタートし、現在は約400頭と拡大しました。

何度も訪れた苦難な時期を乗り越え、コツコツと倒産しない強固な
経営基盤を徐々に構築して参りました。

世界でも戦える企業の一員として、誇りを持ち、変化を恐れず、
より生産性が向上すること、最大のコストパフォーマンスが実現できるよう、
様々な手法を積極的に取り入れています。

そのため、ただ「豚を育てること」から、取引先の要望する出荷頭数と、
安定した重量、品質、衛生的な「商品」として、環境、飼料、水、空気にこだわり、
「養豚工場」として適正な管理を徹底することを目標としております。

今後、自由貿易などで日本の農業を取り巻く環境は厳しくなることと思います。
現状維持で満足するのではなく、諦めることなく、
上を向いてチャレンジし続け、ともに働く社員と
目標に向かって、より豊かな人生となるよう歩んでいきたいと考えています。

当社は、創業30年を迎えます。
創業当初は母豚20頭からスタートし、現在は約400頭と拡大しました。

何度も訪れた苦難な時期を乗り越え、コツコツと倒産しない強固な経営基盤を徐々に構築して参りました。

世界でも戦える企業の一員として、誇りを持ち、変化を恐れず、より生産性が向上すること、最大のコストパフォーマンスが実現できるよう、様々な手法を積極的に取り入れています。

そのため、ただ「豚を育てること」から、取引先の要望する出荷頭数と、安定した重量、品質、衛生的な「商品」として、環境、飼料、水、空気にこだわり、「養豚工場」として適正な管理を徹底することを目標としております。

今後、自由貿易などで日本の農業を取り巻く環境は厳しくなることと思います。
現状維持で満足するのではなく、諦めることなく、上を向いてチャレンジし続け、ともに働く社員と目標に向かって、より豊かな人生となるよう歩んでいきたいと考えています。